2018.01.15 08:30

小中771人が最後の筆比べ 高知県安芸市で選抜書道展 

苦労して仕上げた作品を掲げる子どもたち(安芸市の市体育館)
苦労して仕上げた作品を掲げる子どもたち(安芸市の市体育館)
 高知県内の小中学生が書の腕を競う「第10回小中学生選抜書展」の決勝大会が14日、安芸市矢ノ丸3丁目の市体育館などで開かれた。最後となる今大会には、硬筆と毛筆の両部門で計771人が臨み、一筆に思いを込めて力作を仕上げた。最優秀の県知事賞は、硬筆が土佐女子中3年の秋山紗玖良(さくら)さん(15)=香美市、毛筆は学芸中3年の浜田雅帆(かほ)さん(15)=南国市=に贈られた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能安芸


ページトップへ