2018.01.14 08:20

栽培アオノリ初収穫 高知県の四万十川河口 生育順調

順調に生育し、引き上げられるスジアオノリ(四万十市の四万十川河口域)
順調に生育し、引き上げられるスジアオノリ(四万十市の四万十川河口域)
 四万十川下流漁協(沖辰巳組合長)が高知県四万十市、高知大学と共同で四万十川河口域で実施しているスジアオノリ栽培事業は今冬、順調に生育が進み、初めての収穫が13日に行われた。事業は一昨年秋にスタートしたが、カモとみられる食害などに遭いこれまで収穫はなかった。2回目の挑戦で成果が上がり、組合員は「きれいなノリが採れ、(栽培事業の)弾みになる」と期待している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会幡多


ページトップへ