2018.01.12 08:15

鳥インフルエンザで高知県内の農家に消毒用消石灰を配布

鶏舎周辺に消石灰を散布する「おおなろ園」の職員ら(11日午後、高知市神田)
鶏舎周辺に消石灰を散布する「おおなろ園」の職員ら(11日午後、高知市神田)
 高病原性鳥インフルエンザの疑い事例が香川県内で発生したことを受け、高知県は11日、鶏やカモなどを100羽以上飼う県内の農家82戸に消毒用消石灰の配布を始めた。

 土佐ジローを約200羽飼育する「おおなろ園」(高知市神田)では、県から配送された約100キロを含む約180キロを同園の職員らが鶏舎を囲うように散布した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ