2009.02.11 07:00

空の隙間 ボンバル機事故からの探求(10) 点検頻度 異例の10倍へ

高知の事故機から回収された円筒状のブッシング。通常、AとBの部材をつなぐ丸い穴の部分に差し込まれているが、その3分の1ほどが穴から飛び出し、ボルト類もなかった
高知の事故機から回収された円筒状のブッシング。通常、AとBの部材をつなぐ丸い穴の部分に差し込まれているが、その3分の1ほどが穴から飛び出し、ボルト類もなかった
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る

カテゴリー: 2009空の隙間掲載年表社会


ページトップへ