2018.01.10 08:30

NIC(東京都)が高知県土佐市と協定 コールセンター進出

進出の計画を説明する曽根邦夫CEO=中央(9日午前、県庁)
進出の計画を説明する曽根邦夫CEO=中央(9日午前、県庁)
 高知県土佐市でコールセンターを開設する「ネットワークインフォメーションセンター(NIC)」(東京都、曽根邦夫CEO=最高経営責任者)は9日、県庁で同市との進出協定を締結した。

 同社はコールセンターの受託運営に加え、ウェブ制作などIT事業を展開。2015年の高岡郡四万十町に続き、鳥取県や静岡県にも事業所を開いている。

 協定書は、相互に地元雇用に協力するという内容。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ