2018.01.10 08:15

地元野菜を都会に直送 四万十のしずく生産組合 高知県四万十市

新鮮な地元野菜を箱詰めするメンバーら(四万十市大屋敷)
新鮮な地元野菜を箱詰めするメンバーら(四万十市大屋敷)
 「ニンジン、大根。水菜は入れたかね?」。高知県四万十市大屋敷の民家に「四万十のしずく生産組合」のメンバー6、7人が集まり、野菜を段ボール箱に詰める。届け先は東京都内の飲食店やスーパー。約8キロ離れた最寄りの郵便局から週に1度、季節の野菜や山菜など地元の旬の味を直送している。

 大屋敷は四万十市役所から約17キロ北東の山あいに位置し、田んぼや畑が広がる。高齢化が進む中、集落の今後を考え、周辺地域と共に積極的に移住者を受け入れている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会移住幡多社会


ページトップへ