2018.01.09 08:15

児童5人がアフレコ 一絃琴宇平の紙芝居動画 高知県香南市

紙芝居動画のアフレコに挑戦する児童たち(香南市野市町西野)
紙芝居動画のアフレコに挑戦する児童たち(香南市野市町西野)
 一絃琴を土佐に伝えた高知県香南市香我美町出身の土佐藩士、門田宇平(1809~63年)の生涯を描いた「紙芝居動画」のアフレコに8日、香我美小学校の児童5人が挑戦し、せりふやナレーションを吹き込んだ。

 一絃琴は板に張った1本の弦で音を奏でる楽器。京都の土佐藩邸に勤めていた宇平は一絃琴家元の真鍋豊平に師事し師範代に。帰郷後は高知城下で塾を開き、後進を育てた。

 紙芝居動画は香我美町文化協会や香南ケーブルテレビ(CATV)などが制作中で、イラストは同市の城山高校の生徒たちが描いた。宇平の生涯に加え、勤王の志士が塾に集まりサロンのようになっていたことも台本で紹介している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会香長


ページトップへ