2018.01.04 08:25

高知県いの町のスケートボード推進委員会が子ども向け教室

子ども向けのスケボー教室で技を決めるメンバー(いの町のサニーアクシス)
子ども向けのスケボー教室で技を決めるメンバー(いの町のサニーアクシス)
 スケボーの魅力を多くの人に伝え、気軽に滑りに行ける施設を造りたい―。そんな思いを共有する愛好者たちが2017年4月、「いの町スケートボード推進委員会」を結成した。スーパーの駐車場などで子ども向け教室を開いている。

 スケボー歴17年の会社員、藤森公尋(きみひろ)さん(31)=高知県吾川郡いの町=が中心となり、メンバーは高知市や南国市などの大工や保育士、介護士ら10~40代の男女20人ほど。藤森さんは「ジャンプして回転する技が決まったら、みんなが騒ぎ、こけても温かく笑う。チーム競技じゃないけど、スケボーには何か一体感があるんですよ」と魅力を語る。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ高知中央


ページトップへ