2018.01.01 08:35

植物画の粋が高知に 牧野植物園60周年特別展 6/2~8/5

ツバキ科ナツツバキ属(G.D.エイレット、1764年 (C)Kew Collection)
ツバキ科ナツツバキ属(G.D.エイレット、1764年 (C)Kew Collection)
主催 牧野記念財団、高知新聞社、キュー王立植物園

 英国キュー王立植物園が所蔵する18~20世紀の歴史的な植物画が高知県立牧野植物園で今年6月2日から8月5日まで公開される。
 
ジンチョウゲ(S.エドワード、1813年 (C)Kew Collection)
ジンチョウゲ(S.エドワード、1813年 (C)Kew Collection)
 世界遺産にも認定された王立植物園は、250年を超える歴史を有する。かつて大英帝国と称されたグローバル国家は、世界各地の自治領や植民地の植物資源にも大きな関心を寄せた。
 
 そしてプラントハンターと呼ばれた植物を追い求める人たちは、時に命懸けの冒険もいとわず採取に努めた。その成果の蓄積がキューの植物標本室にある。世界中から集められた700万点以上の標本、そして往時の色彩と佇(たたず)まいをとどめた美しい植物画である。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ