2017.12.30 08:10

高知競馬場を本格改修へ「親しまれる施設に」 40億円投入検討

初の本格改修が検討されている高知競馬場(高知市長浜宮田)
初の本格改修が検討されている高知競馬場(高知市長浜宮田)
 高知県競馬組合が高知競馬場(高知市長浜宮田)の本格的な改修を検討している。一時の存続危機を脱した高知競馬を「15年、30年と継続し、かつ親しまれるようにする」(高知県競馬組合)ため、2018年度以降の10年間で40億円余りを投じる計画。老朽化が進む高知競馬場が、来場者が快適に楽しめる空間に生まれ変わりそうだ。 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ