2017.12.23 08:30

二十三士公園で光の演出「たのイルミ」 高知県田野町

イルミネーションが彩る田野町の二十三士公園
イルミネーションが彩る田野町の二十三士公園

 高知県安芸郡田野町の二十三士公園で木々や園内を5万5千個のLEDで彩る「たのイルミ」が、23日夜に開幕する。「志国高知 幕末維新博」の関連企画で、来年1月13日まで。

 公園での電飾は、地元商工業者や町などでつくる実行委員会が町民に手伝ってもらいながら初めて企画した。色とりどりの「光のじゅうたん」を敷き、滑り台などの遊具や桜並木も電球で彩る。

 23日はオープニング式典が行われ、おでんやシチューを売る8店が並ぶほか、電飾したテント内にこたつを設ける。買い物をした先着234人に近くの「たのたの温泉」の割引券を贈り、庭をライトアップした県指定文化財「岡御殿」では入場特典も。ステージではウクレレ奏者と高校生のバンド演奏がある。

 町まちづくり推進課は「住民手作りの雰囲気を感じて、温まりながら楽しんでほしい」としている。期間中の点灯は午後5時半~9時。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会文化・芸能幕末維新博観光安芸


ページトップへ