2017.12.20 14:35

高知市で「市民後見人材バンク」開設 ニーズ急増受け

市民後見人候補の名簿登録証を手渡される女性(高知市塩田町の市保健福祉センター)
市民後見人候補の名簿登録証を手渡される女性(高知市塩田町の市保健福祉センター)
 高齢や障害で判断能力が不十分な人に代わり、財産管理や医療・介護サービスの手続きなどを行う成年後見制度の充実へ、高知市社会福祉協議会が「市民後見人材バンク」を開設した。認知症や独居高齢者の増加で制度の利用者が増える中、法律や福祉の専門職だけでは後見業務を担い切れない懸念が出ており、市民が担える体制に向けて養成や業務支援を行っていく。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ