2017.12.15 08:20

高知の新図書西敷地に高知大一部機能など構想 事業案の一つ

現在、仮設の高知市民図書館が立っている場所が西敷地(14日午後、高知市追手筋2丁目)
現在、仮設の高知市民図書館が立っている場所が西敷地(14日午後、高知市追手筋2丁目)
 高知市が活用案を公募している高知市追手筋2丁目の新図書館複合施設「オーテピア」西側の市有地(通称・西敷地)に、高知大学の地域連携に関する機能の一部を移す計画があることが14日、分かった。県内の2企業が事業主体となってビルを建設、その一部を高知大が賃借し、講義などに活用する内容。同市は西敷地の活用案をこれまで非公開にしており、構想の一部が分かったのは初めて。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ