2017.12.15 08:00

小社会 沖縄の民謡歌手、古謝美佐子さんの代表曲「童神」…

 沖縄の民謡歌手、古謝(こじゃ)美佐子さんの代表曲「童神(わらびがみ)」にこんな一節がある。〈雨風ぬ吹ちん 渡るくぬ浮世 風(かじ)かたかなとてぃ 産子(なしぐゎ)花咲かさ〉。

 生きていれば雨風が強く吹きつける日もある。そのときは私が風よけになって、生まれてきたこの子の人生に花を咲かせてやりたい…。そんなふうな意味だろうか。「風かたか」という言葉が風よけや防波堤を指す。

 子を持つ親なら誰もが共感する思いだろう。しかし場所を選ばず突然、何の前触れもなく上空から危険な物が子どもたちの頭の上に落ちてくる。それではいくら「風かたか」になりたくても、なれはしないではないか。

 沖縄県宜野湾市の小学校の運動場に、隣接する米軍普天間飛行場に配備されているヘリコプターの窓が落下した。重さ7・7キロ。当時、運動場では約60人の児童が体育の授業を受けていた。あわや大惨事になりかねなかった。

 朝送り出した子どもが夕方、元気に帰ってくる。当たり前の日常さえ脅かされる「基地の島」の現実を改めて突き付けた。一方、米軍機の低空飛行訓練ルートは本県上空も含め全国で六つ。頻度は違えど同じ危険は「本土」にもある。

 静かな空、平穏な暮らしを取り戻すために、米軍機の飛行制限や基地の整理・縮小を、日本は米側により厳しく要求しなければならない。政府の側に沖縄の「風かたか」になる姿勢がなければ、双方の溝が埋まることはない。


12月15日のこよみ。
旧暦の10月28日に当たります。 ひのえ ね 四緑 先勝。
日の出は7時02分、日の入りは16時59分。
月の出は3時59分、月の入りは15時10分、月齢は26.6です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で4時37分、潮位148センチと、15時57分、潮位161センチです。
干潮は10時07分、潮位77センチと、22時42分、潮位23センチです。

12月16日のこよみ。
旧暦の10月29日に当たります。ひのと うし 五黄 友引。
日の出は7時03分、日の入りは17時00分。
月の出は4時54分、月の入りは15時47分、月齢は27.6です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で5時18分、潮位156センチと、16時31分、潮位165センチです。
干潮は10時49分、潮位76センチと、23時15分、潮位14センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ