2017.12.10 08:30

窪川、大正中が陸自と演奏会 12月10日 高知県四万十町

陸上自衛隊第14音楽隊と共にリハーサルする窪川、大正中学校の部員たち(四万十町香月が丘)
陸上自衛隊第14音楽隊と共にリハーサルする窪川、大正中学校の部員たち(四万十町香月が丘)
 高知県高岡郡四万十町の窪川中学校吹奏楽部と大正中学校音楽部「FAIRY PITTA(フェアリー ピッタ) ジャズオーケストラ」が陸上自衛隊第14音楽隊(香川県善通寺市)とコラボした合同演奏会「しまんと MUSIC FESTIVAL」が10日、同町内で開かれる。9日には同隊34人が来町し、両校部員36人を指導。リハーサルも行い、本番へ向け士気を高めた。

 両校の楽器を新調したのを記念し、音楽の素晴らしさを伝えようと町教委が企画。四国内の学校と積極的に交流している同音楽隊に、出演を依頼した。

 この日はまず窪川中に集まり、フルートやクラリネットなど楽器別に隊員が指導。ベース担当の竹添佑哉さん(15)=大正中3年=はマンツーマンでアドバイスを受け、「強弱のつけ方次第で、存在感を出せることが分かった」と話していた。

 本番会場となる同町香月が丘の窪川四万十会館ではリハーサルを行い、「南国土佐を後にして」「よさこい節」などを音合わせ。同音楽隊長の奥津猛1等陸尉(32)は「ジャンルに限らず、『良い音楽をつくろう』という姿勢があって楽しみ」。窪川中吹奏楽部の友永しのぶ顧問(38)は「自分たち以外の音を聴くだけでも勉強になる」と期待していた。

 演奏会は午後2~5時で入場無料。問い合わせは窪川四万十会館(0880・22・4777)へ。

カテゴリー: 教育文化・芸能高幡教育


ページトップへ