2017.12.06 08:30

「犠牲者生きた証し残す」 高知市でやまゆり園元職員が講演

「事件を風化させない」と語る西角純志さん(5日午後、高知市鷹匠町1丁目の三翠園)
「事件を風化させない」と語る西角純志さん(5日午後、高知市鷹匠町1丁目の三翠園)
 昨年7月に入所者19人が殺害された相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の元職員で、専修大講師(社会思想史)の西角純志さん(52)=東京都=が5日、高知市で講演し、被害者が匿名で扱われていることについて「障害者は記号じゃない。一人一人の生きた証しを残したい」と訴えた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ