2017.11.30 14:21

岡上淑子コラージュ展ーはるかな旅

 高知県立美術館の主催。戦後、アメリカ進駐軍が残した洋雑誌を切り抜き貼り合わせ、幻想的で優雅で時に残虐なドラマを感じさせるコラージュ作品を作り出した岡上淑子(おかのうえ としこ)。彼女は1950~56年のわずか6年ほどの間に約130点の魅惑的なコラージュ作品を作り、美術界から姿を消しました。岡上は、今、幻の作家として注目を集めている高知県出身の作家です。
 本展は、国内に所蔵されている岡上作品約80点を一堂に展示する初めての展覧会で、岡上90歳を記念して開催します。コラージュ作品のほか写真作品、コラージュをもとに後年制作されたシルクスクリーンプリントとプラチナプリントを作家の新たな試みとして紹介し、「(作品が)自然にできてしまうの」という岡上の発想の源泉に迫ります。

開催日 平成30年1月20日~3月25日
場所 高知県立美術館(高知市高須)
時間 9時~17時
入場料・参加料 一般=900円(前売720円)大学生=600円、高校生以下=無料
公式HP http://moak.jp/
カテゴリー: 見に行く

ページトップへ