2017.11.27 08:20

【カツオと生きていく】「国際基金」東南アジア支部長に聞く

持続可能な漁を支援する国際NGO「国際一本釣り基金」のジェレミー・クローフォードさん(高知市の市文化プラザ「かるぽーと」)
持続可能な漁を支援する国際NGO「国際一本釣り基金」のジェレミー・クローフォードさん(高知市の市文化プラザ「かるぽーと」)
世界連携 一本釣り守れ 高知の活動先導に期待
 カツオ一本釣りなど資源に優しく持続可能な漁法を維持し、世界に広げる活動をしている国際NGO「国際一本釣り基金」(IPNLF、本部=ロンドン)の東南アジア支部長、ジェレミー・クローフォードさんが「高知カツオ県民会議」のシンポジウム講師としてこのほど来高。本紙のインタビューに応じ、カツオの資源管理に向けて世界の一本釣り関係者が連携する必要性を語り、高知県の活動が先導役を果たすよう期待を込めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済社会


ページトップへ