2017.11.20 08:15

高知県内カヌー部員「世界」体感 チェコ代表チームと交流 須崎市

生徒と一緒にカヤックに乗るチェコの選手たち(須崎市の浦ノ内湾)
生徒と一緒にカヤックに乗るチェコの選手たち(須崎市の浦ノ内湾)
 2020年東京五輪に向け、高知市と須崎市を拠点に1カ月間合宿しているチェコのカヌーナショナルチームが19日、高知県内の高校カヌー部の生徒らと須崎市浦ノ内湾で交流した。選手と一緒にカヤックに乗り、世界レベルの技術を体感した生徒たちは「速さと安定感がすごい」と興奮していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ東京五輪高知中央スポーツ


ページトップへ