2017.11.19 08:30

リンドウ鮮やか 高知県三原村の星ケ丘公園で見頃に

見頃を迎えたリンドウ(三原村宮ノ川の星ケ丘公園)
見頃を迎えたリンドウ(三原村宮ノ川の星ケ丘公園)
 リンドウが高知県幡多郡三原村宮ノ川の星ケ丘公園で見頃を迎え、青い鮮やかな花々が初冬の柔らかな日差しに照らされている。見頃は23日ごろまで。

 リンドウ科の多年草で、高さ約30~50センチの茎先に3センチほどの花を次々に咲かせる。公園を管理する四万十かいどう推進協議会三原支部が2008年から苗を定植。飛び散った種が徐々に根付いて、公園一面を彩るまでに広がった。

 矢野啓介支部長(78)は「公園で咲く今年最後の花。これを見ると暮れが近づいてきたことを感じる。ぜひ見に来てほしい」と呼び掛けている。

カテゴリー: 環境・科学幡多


ページトップへ