2017.11.18 08:25

探査船「ちきゅう」企画展 12/31まで高知県室戸市の世界ジオパークセンター

地球深部探査船「ちきゅう」の模型や研究を紹介する企画展。研究者による講義も(室戸市の世界ジオパークセンター)
地球深部探査船「ちきゅう」の模型や研究を紹介する企画展。研究者による講義も(室戸市の世界ジオパークセンター)
 高知県室戸市室戸岬町の世界ジオパークセンターで、海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」に関する企画展「地球×ちきゅう」が開かれている。船の模型のほか、掘削調査を紹介するパネルを12月31日まで展示。研究者による講義も行われる。

 室戸ジオパーク推進協議会主催。「ちきゅう」は昨年9~11月、室戸沖で微生物の検出などを目的に海底地層の掘削調査を行った。

 企画展では、採取した地層サンプルや掘削器具「ドリルビット」を展示。パネルでは室戸沖の南海トラフのプレート沈み込み帯での調査内容や、地震発生のメカニズムについて説明している。

 高知大学や高知コア研究所のスタッフによる講義も行われており、今月は18日、来月は16、17日を予定。室戸沖の生命圏調査や海底地質調査などの話が聴ける。いずれも午前11時と午後2時の2回。問い合わせは同協議会(0887・22・5161)へ。

カテゴリー: 文化・芸能環境・科学室戸


ページトップへ