2017.11.10 08:20

前立腺がん検査受診を 2018年度まで高知県内55歳男性無料

血液検査で早期発見
血液検査で早期発見
 50代以降の男性に増える前立腺がんを発見する血液検査「PSA検査」を、高知県が55歳を対象に無料で実施している。2016年度(11~1月)の受診者は約30人と低調だった。検査の普及に取り組む医師らは「早期発見のため、一度は受けてほしい」と呼び掛けている。

 前立腺がんは近年患者数が増加。国立がん研究センターの今年の罹患(りかん)数予測では、男性は胃がん、肺がんに続く3位となっている。PSAは「前立腺特異抗原」のことで、前立腺の異常を示すタンパク質の一種。初期の前立腺がんは自覚症状が出ないことが多いが、前立腺からPSAが血中に流れ出すため、血液検査で早期発見することができる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ