2017.11.09 08:20

KENNOUで健脳!? 酔鯨、工科大など飲料開発 高知県産酒かす活用

完成したドリンク「KENNOU」
完成したドリンク「KENNOU」
 飲酒による脳萎縮を軽減する飲料の研究に取り組んでいた県内研究グループが、高知県産の酒かすなどを活用した清涼飲料水「KENNOU」を完成させた。来年1月発売予定。科学的な研究が行われた四国内の食品を対象とする「四国健康支援食品制度」の第1回認証を受けた。

 ドリンクを開発したのは、酔鯨酒造、高知工科大学、高知県立大学、県工業技術センターでつくる研究グループ。工科大客員教授の朴啓彰(パクケチャン)さん(61)が、毎日多量の飲酒を続けた人は全く飲酒しなかった人より脳萎縮の速度が速いことに着目。酔鯨酒造などと協力して2012年から研究を始め、14年度からは県の助成も受けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ