2017.11.07 08:20

高知県内お薬手帳を画像で保存 災害備え情報共有目指す

「お薬手帳」の記録を撮影し、災害時に活用する取り組みが始まった
「お薬手帳」の記録を撮影し、災害時に活用する取り組みが始まった
 「お薬手帳」の服用記録を写真データとしてサーバーに保存し、災害時の治療に生かす取り組みが県内で始まった。高知大学医学部が構築した県内の医療、介護職用のICT(情報通信技術)システムを活用し、災害時に支援に入った医療チームなどが閲覧できるようにする。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ