2016.09.20 07:00

県展群像(1) 高校生の決断 第70回展 挑戦します

 1947年に始まり、ことし70回を迎える高知県美術展覧会(県展)。3週間近くの会期で来場者2万人を超す県内最大の公募展だ。特選や同一部門の特選3回が条件の無鑑査を目指す人、会場で展示される入選を目標とする人、取り組み方はさまざまだ。10月1日から始まる搬入を前に、若手やベテラン作家の県展に対する思いを紹介し、県展とは何かを考えたい。
「アートの道に進みたい。だから県展頑張る!」と意気込んでポーズを取る今井桃子さん=右=と槌谷玲於君(高知市本町1丁目のファウストギャラリー)
「アートの道に進みたい。だから県展頑張る!」と意気込んでポーズを取る今井桃子さん=右=と槌谷玲於君(高知市本町1丁目のファウストギャラリー)
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 2016県展群像掲載年表文化


ページトップへ