2017.11.06 08:25

秋季四国地区高校野球大会最終日 明徳が連覇

 第70回秋季四国地区高校野球大会最終日は5日、春野球場で明徳義塾(高知1位)―英明(香川1位)の決勝を行い、明徳が2―1で英明を下し、2年連続9度目の優勝を果たした。

 明徳は二回に1点を先制されたものの、九回1死から3長短打と敵失を絡めて2点を奪い逆転した。エース市川は9回を被安打5、与死球1の好投。最終回は走者を1人許したものの、反撃を振り切った。

 優勝した明徳は明治神宮大会(10~14日・神宮球場)に四国代表として出場。第2日の第2試合で関東代表の中央学院(千葉)と対戦する。


《5日の結果》
 ▽決勝
 明徳義塾 2―1 英明

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ秋季高校野球スポーツ


ページトップへ