2017.11.02 08:25

来季こそリーグ優勝 阪神、オリックスが高知で秋季キャンプ

地元ファンの歓迎を受け、花束を受け取る阪神・金本知憲監督=右(1日午後、高知龍馬空港)
地元ファンの歓迎を受け、花束を受け取る阪神・金本知憲監督=右(1日午後、高知龍馬空港)
 プロ野球、阪神タイガースの金本知憲監督や若手選手らが1日、高知県安芸市での秋季キャンプのため、空路高知入り。高知龍馬空港で大勢のファンが出迎えた。レギュラーシーズン2位で終わった悔しさを晴らすため、来季に向けて戦力の底上げを図る。

 メンバーは若手中心の31選手。今季12勝を挙げ、エース級の働きを見せた秋山拓巳投手や、復調を期す藤浪晋太郎投手、2年目の高山俊外野手ら1軍クラスのメンバーも参加。ベテランでは、アキレス腱(けん)断裂から復帰を果たした西岡剛内野手が来高した。

 到着ロビーでは、横断幕を掲げた安芸市民約30人のほか、居合わせたファンらが出迎えた。六甲おろしが流れる中、登場した金本監督に山本諭・安芸商工会議所会頭が花束を贈呈。西岡選手らに「頑張れ!」の声援が飛んだ。

 キャンプは19日まで。6、10、15日は練習が休みとなる。

 また、この日はオリックス・バファローズも秋季キャンプのため選手、スタッフら約30人が来高。同空港で福良淳一監督らに歓迎の花束が手渡された。

 オリックスのキャンプは17日まで。6、11日が練習休み。

関連記事

もっと見る



ページトップへ