2017.10.28 08:40

患者の生活を全力サポート テクノクラフト高知の北岡剛さん

北岡剛さんが製造するオーダーメードの車いす(高知市春野町弘岡中のテクノクラフト高知)
北岡剛さんが製造するオーダーメードの車いす(高知市春野町弘岡中のテクノクラフト高知)
“世界に一つ”の車いすを
 「うちはハイテクでも最新技術で勝負しているわけでもない。当たり前のことを、当たり前にしたい。決して特別な会社ではないですよ」

意思伝達装置には、少しの力で反応する空気圧のスイッチも(高知市春野町弘岡中のテクノクラフト高知)
意思伝達装置には、少しの力で反応する空気圧のスイッチも(高知市春野町弘岡中のテクノクラフト高知)
 オーダーメードの車いす、ALS(筋萎縮性側索硬化症)など重度障害者が使うコミュニケーション装置を扱う福祉機器販売店「テクノクラフト高知」(高知市春野町弘岡中)の社長、北岡剛さん(46)は笑顔で語った。自社をPRする立場の経営者としては意外な言葉に、疑問も浮かぶ。社長を含めて3人の小さな会社が福祉の世界で目指す「当たり前」とは、一体何なのか―。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ