2017.10.25 08:35

高知新聞・土佐古地図ナビ第7話 一條公、玉姫 中村ぶらり

 古地図を手に、記者らが高知県内各地を歩いて身近な歴史を紹介する年間企画「土佐古地図ナビ」(毎月最終水曜日掲載)。第七話は、四万十川下流の観光地・中村(現四万十市)の歴史を探索します。

 「歴史再見」では、16世紀に中村を治めた戦国大名・一條公がゆかりの場所を散策する様子を想像してみました。記者や住民が3代・一條房冬とその妻・玉姫、従者らに扮(ふん)して、現代の町を“デート”します。

 「史跡散策」では、中近世の町割りが残る中心街を四万十市教育委員会の川村慎也さん(45)と歩き、城跡や古戦場など一條氏ゆかりの史跡を訪ねます。

 町歩きのスタート地点は、四万十川に架かる町のシンボル・赤鉄橋。約300年前の古地図を片手に、「土佐の小京都」へGO!
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能土佐古地図ナビ文化


ページトップへ