2017.10.25 08:20

[2017衆院選] 検証与野激突(上)与党 高知2区 共闘の威力に屈す

山本有二氏の支援を訴える自民党の石破茂元幹事長。野党統一候補への警戒感をあらわにした(20日午後、高知市桟橋通3丁目)
山本有二氏の支援を訴える自民党の石破茂元幹事長。野党統一候補への警戒感をあらわにした(20日午後、高知市桟橋通3丁目)
 10月22日に投開票された衆院選は、与党が3分の2の議席を得る大勝で、安倍政権の継続が決まった。高知県では、10選を目指した自民党のベテラン前職2人が明暗を分け、2000年から続いた小選挙区の独占が崩れた。県内与野党の激突を検証する。

 ■  ■ 

 「野党が一本になって挑んできており、負けている」

 選挙戦終盤の20日、高知市の電車通り。雨の中、自民の石破茂元幹事長は傘も差さず、山本有二氏のそばで声をからした。

 1990年以来、9期27年で2度の入閣経験を持つ山本氏に対し、無所属で立った民進党の元参院議員、広田一氏は、共産党や立憲民主党など野党勢を結集して挑んできた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ