2017.10.25 08:00

小社会 文化勲章は文化功労者に贈るのが基本だが、制度の…

 文化勲章は文化功労者に贈るのが基本だが、制度の始まりは文化勲章の1937年に対し、文化功労者は51年と遅い。これには憲法14条が絡んでいる。「栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない」。

 文化勲章の受章者を顕彰するために年金を支給しようにも不可能だ。そこでできたのが文化功労者年金法。第1回の功労者にはそれまでの受章者のほか、佐川町出身の植物学者、牧野富太郎博士らが選ばれた。博士は57年1月に亡くなったが、直後に文化勲章を追贈されている。

 宿毛市に生まれ育った洋画家、奥谷博さんが文化勲章を受ける。本県出身では牧野博士以来となる。幼いころに姉の手ほどきで絵を描き始め、ひたすら画業に励んできたことへのご褒美だろう。ともに喜びたい。

 座右の銘は「芸術無終(むじゅう)」。レオナルド・ダビンチから引用した言葉に、エッセーでも触れている。「私にとって絵を描くことは、生きることである」「未完の自分を見つめ完成を求めて一日一日を努力して描き進むよりほかにない」。

 東京芸術大助手時代のスケッチブックに、こんなメモが残っているという。「画面にふっと神が宿ったと感ずる時がある。その時が完成した時だ」。一つの作品はそうであっても、画家としてはどうなのだろう。

 宿毛に原点があるという鮮やかな色彩の具象画は素人目にも楽しい。今後も末永く描き続けていただきたい。


10月25日のこよみ。
旧暦の9月6日に当たります。きのと とり 三碧 友引。
日の出は6時18分、日の入りは17時21分。
月の出は10時51分、月の入りは21時18分、月齢は5.3です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時29分、潮位42センチと、14時42分、潮位101センチです。
満潮は9時14分、潮位163センチと、20時15分、潮位164センチです。

10月26日のこよみ。
旧暦の9月7日に当たります。ひのえ いぬ 二黒 先負。
日の出は6時19分、日の入りは17時20分。
月の出は11時39分、月の入りは22時07分、月齢は6.3です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で3時08分、潮位51センチと、15時27分、潮位109センチです。
満潮は10時04分、潮位154センチと、20時50分、潮位153センチです。
カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ