2017.10.21 08:20

[2017衆院選] 衆院選あす投票 高知県内5陣営が最後の訴え

2選挙区 県都で全力

 第48回衆院選は22日、投開票を迎える。5年近くにわたる安倍政権への信任を問う選挙。与野党党首は20日、激戦区に入って支持を呼び掛けた。

 高知県内の小選挙区のうち、高知1区は自民党前職、希望の党新人、共産党新人による三つどもえ、2区は自民党前職と無所属新人の一騎打ちになっており、5陣営とも12日間の戦いを締めくくる21日は県都で浮動票獲得に全力を挙げる。

 県内の選挙区が3から2に減った2014年12月以来となる今回の衆院選は、衆院の解散前後から野党再編の動きが激しくなり、県内構図の確定がずれ込んだ。

 異例の短期決戦になったものの、共に10選を期す1区、2区の自民前職2人に対し、新人3人が「安倍政治」阻止を掲げて戦い、舌戦は日増しに熱を帯びた。


高知県2選挙区立候補者
(届け出順。[ ]内数字は当選回数。敬称略。略歴は本人の申告による。)

【1区】
大石宗(おおいし・しゅう)(37)希望・新
 日本大法学部卒。神戸製鋼所勤務などを経て07年県議初当選。2期目途中に衆院選出馬のため辞職。元民進党県連副代表。高知市出身。高知市升形。

松本顕治(まつもと・けんじ)(33)共産・新
 高知大人文学部卒。02年共産党入党。県教組の自動車共済代理店勤務の傍ら民青同盟県委員長。党県常任委員。福岡市出身。高知市西塚ノ原。

中谷元(なかたに・げん)(60)自民・前[9](公明推薦)
 防衛大卒。陸上自衛隊などを経て90年衆院議員初当選。元防衛相。元衆院憲法審査会与党筆頭幹事。高知市出身。高知市介良乙。当選9回。

【2区】
広田一(ひろた・はじめ)(49)無所属・新
 早稲田大社会科学部卒。県議などを経て04年から参院議員2期。09年民主党入り。元防衛政務官。元民進党県連代表。土佐清水市出身。土佐清水市戎町。

山本有二(やまもと・ゆうじ)(65)自民・前[9](公明推薦)
 早稲田大法学部卒。県議を経て90年衆院議員初当選。元金融担当相。前農相。弁護士。高岡郡越知町出身。須崎市浦ノ内西分。当選9回。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ