2017.10.21 08:30

「より高み目指す」 第71回県展入賞者を表彰 高知市

第71回県展の入賞者をたたえた表彰式(20日午後、高知市の高新文化ホール)
第71回県展の入賞者をたたえた表彰式(20日午後、高知市の高新文化ホール)
 第71回県展(高知新聞社、RKC高知放送主催)の表彰式が20日、高知市本町3丁目の高新文化ホールで行われ、入賞者に表彰状などが贈られた。

 今年の県展は、8部門に1685人から3450点が寄せられ、特選18点、褒状76点、新人賞5点と、山脇賞(洋画)、川谷横雲賞(書道)、山六郎賞(グラフィックデザイン)に各1点、来場者の投票によるギャラリー賞8点が選ばれた。

 式には入賞者約80人が出席。高知新聞社の宮田速雄社長があいさつした後、一人一人に表彰状やトロフィーなどを手渡した。

 受賞者を代表し、書道部門で3回目の特選を受けて無鑑査作家となった中岡祥舟(本名・祥子)さん(79)=同市一宮南町1丁目=が「より高みを目指して、一歩でも半歩でも目標のラインに近づきたい思いで続けてきた。この栄誉を励みに一層精進を続けます」と述べた。

 県展は22日まで、同市高須の県立美術館と同市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開かれている。

 なお午前9時~正午としていた23日の作品搬出時間は、台風21号による影響が予想されるため、午後5時まで延長する。22日は午後5時5分~6時。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要文化・芸能県展文化高知中央


ページトップへ