2017.10.20 08:20

高知県民世論調査 改憲容認半数超す 9条改正横ばい23.6%

 衆院選の争点でもある憲法改正について、「9条を除けば」を含めて県民の50・4%が改憲を容認していることが、高知新聞社などが15~17日に実施した電話世論調査で分かった。2013年以降4回の調査で改憲派が過半数になったのは初めて=グラフ参照。「9条を含めて改正すべきだ」は23・6%で前回と比べてほぼ横ばい。護憲派は32・6%で3・3ポイント減った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ