2017.10.17 08:00

小社会 宿毛市出身の大江卓(1847~1921年)が板垣退助に…

 宿毛市出身の大江卓(1847~1921年)が板垣退助に会ったときの逸話を、作家の三好徹さんが「叛骨(はんこつ)の人」に書いている。「しばらくだったね」と言う板垣に、大江が「初対面なのにしばらくとはどういうわけか」とかみついた。

 会合で何度も見かけている、と話す板垣に「ちょっと見かけたことがある、という程度のものを知人に加えるという法はない」。納得できないことには決して妥協しない、大江のいごっそうぶりが伝わってこよう。

 真骨頂を発揮したのが明治初年のマリア・ルス号事件。横浜に寄港したペルー船内で、200人以上の中国人が奴隷扱いされていた。神奈川県権令だった大江は自ら裁判長となって審理し、人道に背くとして全員を解放した。

 「日本が関与すべき問題ではない。放っておけばいい」。そんな国内の非難や、植民地で劣悪な労働を強いていた欧州列強からの干渉もあった。それでも大江は「天然の正義と公平の大理とをもって、我、導きとなさん」。
 感謝した華僑らが大江に贈った旗を宿毛歴史館で見た(11月5日まで展示)。赤いサテンの生地に獅子や鳳凰(ほうおう)が刺しゅうされ、謝辞や漢詩がびっしり書きこまれている。虐げられた人々がいかに勇気づけられたかがよく分かる。

 政治や官僚の世界には今も、「事なかれ主義」や「忖度(そんたく)」がはびこる。ことしは大江の生誕170年。叛骨の人の足跡が語りかけてくるものは多い。


10月17日のこよみ。
旧暦の8月28日に当たります。ひのと うし 二黒 大安。
日の出は6時12分、日の入りは17時30分。
月の出は3時24分、月の入りは16時16分、月齢は26.9です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で4時08分、潮位175センチと、16時40分、潮位186センチです。
干潮は10時20分、潮位50センチと、22時49分、潮位58センチです。

10月18日のこよみ。
旧暦の8月29日に当たります。つちのえ とら 一白 赤口。
日の出は6時13分、日の入りは17時29分。
月の出は4時24分、月の入りは16時51分、月齢は27.9です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で4時53分、潮位184センチと、17時10分、潮位191センチです。
干潮は10時59分、潮位50センチと、23時22分、潮位46センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ