2017.10.14 08:20

この空のかなた 138億年の旅(18)ノーベル賞に輝く黒い穴(ブラックホール)

 10月3日、今年のノーベル物理学賞が、「LIGO(ライゴ)検出器とその重力波観測に決定的な貢献を行った」米国人3名に授与されました。これは、米国のLIGO実験グループがブラックホール連星(二つのブラックホールがお互いの重力で引き合いながら公転している系)から放出された重力波を発見した業績を評価したものです。ブラックホールを直訳すれば「黒い穴」ですが、決して黒いわけではありません。それどころか、宇宙でもっとも明るい天体なのです。今回は、このノーベル物理学賞の対象となったブラックホールをとりあげてみます。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: この空のかなた文化


ページトップへ