2017.10.14 08:10

[2017衆院選] 「回復」を問う アベノミクス下の地域経済(中)


日銀高知支店長 大谷聡氏 ベクトル 全国と同じ
 日銀高知支店は企業短期経済観測調査(短観)などを踏まえ、今の県内景気を「緩やかに回復している」と評価している。大谷聡支店長の見解は―。

 ―高知県の状況は?

 「世界経済の着実な成長と為替の円安化で日本の輸出が増え、日本経済は着実に良くなっている。日銀は景気判断を『緩やかに拡大』というところまで進めた。ただ、地域への波及には濃淡があり、高知は『拡大』ではなく『回復』。1ノッチ(段階)遅れているが、波及効果は出ており、方向感は着実に良くなっている」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ