2017.10.12 08:00

小社会 孔子の高弟、子貢が政治の要諦を尋ねた。孔子の答え…

 孔子の高弟、子貢が政治の要諦を尋ねた。孔子の答えは「食糧の充足、軍備の充足、民衆が信頼感を持つこと」。子貢が「やむを得ず、どれかを捨てなければならないときは」と問うと、孔子は「軍備」。さらに「残る二つのうちなら」には「食糧」と答えた。

 何より大切なのは民衆の信頼を得ること。孔子の理想主義的な一面を表すともいえる「信なくば立たず」だが、日本の政治家も口にする。近年では小泉元首相が好んだし、安倍首相も節目で使う。信用の重要性は政治の世界に限らない。

 日本を代表する名門企業で不正が相次いで発覚した。日産自動車が国内全ての完成車工場で新車を無資格検査し、神戸製鋼所はアルミと銅製品の性能データを改ざんしていた。ともに組織ぐるみといってよい。

 前身を含む両社の歴史をたどると1世紀以上になる。顧客の信頼が支えになってきたはずだし、それを失ったときの傷の深さも重々分かっているだろう。不正が露見することはないとでも考えていたのなら、危機意識があまりに乏しい。

 東芝の利益水増し問題もあった。これらの不祥事は、先人が営々と築いてきた日本のものづくりに対する世界のイメージをぶち壊しかねない。これまた安倍首相が節目で使う「築城三年、落城一日」の戒めだ。

 そうした自戒の言葉は発した途端、ちゃんと守っているかを厳しく見られるようになる。忘れっぽさも気に掛かる。


10月12日のこよみ。
旧暦の8月23日に当たります。みずのえ さる 七赤 赤口。
日の出は6時08分、日の入りは17時36分。
月の出は23時16分、月の入りは12時35分、月齢は21.9です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で4時22分、潮位48センチと、16時46分、潮位119センチです。
満潮は11時24分、潮位158センチと、22時17分、潮位157センチです。

10月13日のこよみ。
旧暦の8月24日に当たります。みずのと とり 六白 先勝。
日の出は6時09分、日の入りは17時35分。
月の入りは13時29分、月齢は22.9です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で5時43分、潮位57センチと、18時54分、潮位120センチです。
満潮は13時09分、潮位156センチです。

カテゴリー: 小社会コラム

ページトップへ