2017.10.08 08:25

かっぱ祭り前日祭盛況 マスコット披露や演奏 高知県四万十町

海洋堂かっぱ館のマスコットに仲間入りした「クリスかっぱ」=中央(四万十町打井川)
海洋堂かっぱ館のマスコットに仲間入りした「クリスかっぱ」=中央(四万十町打井川)
 8日に開催される「第1回四万十かっぱ祭り」の前日祭が7日、高知県高岡郡四万十町打井川の海洋堂かっぱ館で開かれ、音楽祭や、ホビー館と同館のマスコット着ぐるみのお披露目などで盛り上がった。
 
 祭りは、カッパで地域おこしに取り組む住民や両館が企画。米国アカデミー賞メイクアップ賞受賞の特殊映像作家、クリス・ウェイラス氏がデザインした着ぐるみ「クリスかっぱ」が初登場し、両館のマスコット「うまのすけっぴ・わるさ、よいこ」とともにステージに上がった。
 
 全国地域安全運動(11~20日)に合わせて窪川署の山本俊郎署長が、「わるさ」を2週間署長に、残り2体を2週間巡査に委嘱。「わるさ」は「四万十町の安心安全と平和を守るため頑張ります」と決意を述べた。
 
 この後、8日のパレードで登場する山車を披露し、大正中学校音楽部ジャズオーケストラや昭和小学校金管バンドなどが演奏。全国コンクール優勝14回のちんどん屋集団「ちんどん通信社」(大阪)のパフォーマンスもあり、家族連れらでにぎわった。
 
 祭りは8日午前11時から。発起人の宮脇修館長(89)は「消滅集落が増え、祭りが消えつつある現状にささやかながら立ち向かっていきたい」と話している。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能海洋堂文化高幡


ページトップへ