2017.10.07 08:20

高知県民世論調査 解散反対62.4% 消費増税 使途変更は賛否拮抗

 約4年9カ月に及ぶ「安倍政治」の評価が最大の争点となる衆院選(10日公示―22日投開票)を前に、高知新聞社とRKC高知放送は9月30日、10月1日に、県民世論調査を実施した。安倍晋三首相によるこの時期の衆院解散に「反対」と答えた人は62・4%で、「賛成」の24・2%を大きく上回った。消費税率引き上げで増える税収の使い道を見直すとした安倍首相の方針は賛否が拮抗(きっこう)した。内閣支持率は40・8%で、不支持は48・7%だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ