2017.10.04 07:55

高知県の魚梁瀬杉 名木盛衰“最後”の伐採(下) 大木に熟練の技

魚梁瀬杉の“最後”の伐採風景。推定樹齢250年程度の大径木58本が対象になった(9月、馬路村魚梁瀬)
魚梁瀬杉の“最後”の伐採風景。推定樹齢250年程度の大径木58本が対象になった(9月、馬路村魚梁瀬)
 資源減少などを背景に、2017年度限りで伐採と供給が原則休止される高知県のヤナセ天然スギ(魚梁瀬杉)。大木を倒す技術を後世にどう受け継ぐかといった課題もある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学安芸


ページトップへ