2008.10.28 07:00

漁の詩 高知の漁業最前線(45) 第4部(終)海の恵み いつまでも

土佐の「お家芸」ともいえるカツオの一本釣り。非効率ながら1匹ずつ釣り上げる漁法には「命」に対する敬意が込められている(宮城県の東方約1000キロ、第123佐賀明神丸)
土佐の「お家芸」ともいえるカツオの一本釣り。非効率ながら1匹ずつ釣り上げる漁法には「命」に対する敬意が込められている(宮城県の東方約1000キロ、第123佐賀明神丸)
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る

カテゴリー: 2008漁の詩掲載年表経済


ページトップへ