2008.10.16 07:00

漁の詩 高知の漁業最前線(34) 第4部 消えゆくカツオ(1)

千葉勝浦港で水揚げを行う土佐清水市の「第26新生丸」。奥は黒潮町「第58佐賀勝丸」
千葉勝浦港で水揚げを行う土佐清水市の「第26新生丸」。奥は黒潮町「第58佐賀勝丸」
食料は国の土台
 われわれ日本人の食文化の基盤となったカツオ資源と、土佐の「お家芸」ともいえる一本釣り。風の中で揺らめく二つの灯を守るために、何が必要なのか。連載第四部では引き続きカツオを取り上げ、日本漁業が抱えるひずみにも焦点を当ててみたい。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る

カテゴリー: 2008漁の詩掲載年表経済


ページトップへ