2008.09.01 07:00

漁の詩 高知の漁業最前線(22) 第3部(1)黒潮の狩人は今…

次々と釣り上げられ、宙を舞うカツオ(福島県の東方約1000キロ)
次々と釣り上げられ、宙を舞うカツオ(福島県の東方約1000キロ)
ナブラが降ってくる
 第123佐賀明神丸に同乗したのは2008年七月。航海日数は八日、航行距離は約二千八百キロに及んだ。

 このわずかな経験を基に、現場の全体像を紹介できるとは思っていない。だが一本釣りという産業の取材を重ねるうちに、見えてきたものもある。

 伝統漁法を支える男たちの技術と意地、効率に勝る網漁法との確執、世界的な魚の争奪戦、カツオ資源の現状、日本の水産行政の矛盾…。

 連載第三、四部ではカツオと私たちを取り巻く現況を報告する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る

カテゴリー: 2008漁の詩掲載年表経済


ページトップへ