2008.03.25 07:00

漁の詩 高知の漁業最前線(16) 第2部(6)見直された古里の味

宗田節でうどんのだしを作る。大人が考える以上に、子どもらは自然の味に敏感だ(土佐清水市下ノ加江)
宗田節でうどんのだしを作る。大人が考える以上に、子どもらは自然の味に敏感だ(土佐清水市下ノ加江)
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る

カテゴリー: 2008漁の詩掲載年表経済


ページトップへ