2017.10.01 08:15

愛媛国体 4100人が開会式 高知県選手団80人も行進

カツオの描かれた小旗を手に行進する高知県選手団(愛媛県総合運動公園)
カツオの描かれた小旗を手に行進する高知県選手団(愛媛県総合運動公園)
 第72回国民体育大会「2017愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」は30日、天皇、皇后両陛下をお迎えして松山市のニンジニアスタジアムで総合開会式が行われ、開幕した。愛媛では四国4県合同開催だった1953年の第8回大会以来64年ぶりで、単独では初の国体となった。「君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え」をスローガンに10日まで実施される。
 
 式典には47都道府県の選手団、役員約4100人が参加した。高知県選手団は約80人が開会式に出席。式に先立ち、会場近くで行われた結団式では、団長の青木章泰・県体育協会会長が激励した後、副団長の岡崎洋一郎・同副会長の「頑張るぞ!」の掛け声に合わせて選手たちが「おー!」っと拳を突き上げ、士気を高めていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ


ページトップへ