2017.09.30 08:00

小社会 「食欲の秋」を狙いすましたように、海や川の幸が…

 「食欲の秋」を狙いすましたように、海や川の幸が不漁だというニュースを聞くのはつらい。ここしばらくサンマの顔を拝んでいない。さらに県内で不漁が続くテナガエビ類が来年9月~翌年3月の間、禁漁となる見通しだ。

 三十数年前、四万十市の幡多支社に赴任して以来、居酒屋へ行けばまずテナガエビの唐揚げ、そしてビール。甘く香ばしい絶妙の味わいが広がる。今でもメニューにあれば必ず注文する定番だ。

 県内各河川でのテナガエビの禁漁は初めてという。川漁師からも資源保護を求める声が高まっていたというから、漁獲量は危機的な状況だろう。背景に乱獲や河川環境の変化があるなら、禁漁もやむを得まい。

 県漁業管理課は「夏休みの子どもも川エビ捕りを楽しめるよう、8月を禁漁期間から外している」と説明する。四万十川流域では、子どもたちが沈下橋から川に飛び込み、川エビ捕りに興じる光景が夏の風物詩。川は友達であり、遊びの中から自然との付き合い方を学ぶ。

 テナガエビが身近な生き物なのは、漁業権の対象外であることが大きい。どの川でも、誰もが自由に入れる。タモ網ですくってそうめんに入れたり、キュウリと煮たりと、家庭料理にも豊かなメニューがある。

 自由な漁の初めての禁漁は、大人が貴重な川の恵みを子の世代に残そうという試みでもあろう。あせらず腰を据えた取り組みで、資源回復の吉報を待ちたい。


9月30日のこよみ。
旧暦の8月11日に当たります。かのえ さる 一白 赤口。
日の出は5時59分、日の入りは17時52分。
月の出は14時30分、月の入りは0時16分、月齢は9.9です。
潮は若潮で、満潮は高知港標準で0時19分、潮位141センチと、15時11分、潮位155センチです。
干潮は7時47分、潮位76センチと、20時57分、潮位113センチです。

10月1日のこよみ。
旧暦の8月12日に当たります。かのと とり 九紫 先勝。
日の出は6時00分、日の入りは17時51分。
月の出は15時12分、月の入りは1時09分、月齢は10.9です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で2時06分、潮位145センチと、15時52分、潮位166センチです。
干潮は8時56分、潮位67センチと、21時43分、潮位100センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ