2017.09.29 08:35

発達障害の意思疎通工夫を 「絵カード」広めた医師が高知で講演

絵カードで意思を伝えるPECS。「みにかー」「2」「ください」のカードを並べて相手に渡すと、「ミニカーを二つください」という意思表示になる(高知市の県立療育福祉センター)
絵カードで意思を伝えるPECS。「みにかー」「2」「ください」のカードを並べて相手に渡すと、「ミニカーを二つください」という意思表示になる(高知市の県立療育福祉センター)
 発達障害への理解を深めるセミナーがこのほど、高知市の県民文化ホールで開かれた。言葉を聞いて理解することが苦手な人に対し、絵カードを使って意思疎通を視覚的に支援する方法を日本に導入した児童精神科医の門(かど)真一郎さん(京都市児童福祉センター)が講演し、「障害者が自己選択、自己決定をして暮らす自立生活を目指して支援を進めてほしい」と呼び掛けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ