2017.09.28 08:01

高知城から二条城まで踏破「龍馬・大政奉還ウォーク」

 大政奉還から150年の節目を記念し、高知城から京都市の二条城までを踏破する「龍馬・大政奉還ウォーク」が、10月15日から行われる。同日に高知城から岡豊城跡(南国市)までを歩く1日コースもあり、実行委員会などが参加者を募っている。

 同実行委と全国龍馬社中、県ウオーキング協会の主催で、「坂本龍馬グランプリウォーク」の47回目。

 「北山街道」をたどり、大政奉還の舞台となった二条城を目指す。愛媛県四国中央市や神戸市を通る7泊8日の行程で、バス移動を除く歩行距離は約215キロ。定員25人で参加費は12万円(宿泊費、バス代などを含む)。

 1日コースは、8日間コースの参加者と岡豊城までの約13キロを歩く。定員150人、参加費千円(弁当代を含む)。

 いずれも15日午前8時半に出立式を行い、同9時に高知城を出発。復路は自費。

 申し込みは8日間コースが10月2日、1日コースが同10日締め切り。問い合わせは8日間コースは福岡県のくろき交通(0943・42・0426)、1日コースは県ウオーキング協会(090・7149・4669)へ。
カテゴリー: 主要社会幕末維新博観光


ページトップへ