2017.09.25 08:25

足摺岬ツバキ林再生加速 種5000個 予想以上が苗に 高知県土佐清水市

地元有志も参加したヤブツバキの種採取(土佐清水市足摺岬)
地元有志も参加したヤブツバキの種採取(土佐清水市足摺岬)
 高知県土佐清水市足摺岬のヤブツバキ林再生に向け、環境省が市や住民組織「足摺岬の自然を守る会」などと行っている苗の育成事業が2年目に入った。岬に自生する他の樹木も含め、昨年度採った5千個の種の多くが順調に苗へ成長し、本年度は3倍近い1万4千個の確保を計画。環境省土佐清水自然保護官事務所の山下淳一自然保護官は「ツバキ群落の再生を加速させたい」と意気込んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会環境・科学幡多


ページトップへ